L3スイッチ

(2016/09/03)
  • ネットワーク層の通信制御装置
  • 番号はOSI基本参照モデルのレイヤー3(ネットワーク層)を意味してるみたい
  • 基本の機能はルータと同じっぽい
  • ルータはソフトウェアで転送処理を行うのに対し、L3スイッチはハードで行う
  • なので処理能力が高い
  • オーバーヘッドの多い通信にはL3スイッチの方が向いている
  • 保持するポートの数が多い
  • VLAN機能

  • 受け取ったパケットの宛先が自身のIPアドレスでない場合、自身をデフォルトゲートウェイとしてない通信であることがわかる
  • その場合はこのパケットをL2レベルで破棄し、L3に渡さない
  • 具体的には
  • ポート先のノードにVLAN IDを振る
  • 同じVLAN IDでしかパケットの転送を行わない
  • これにより、IPの変更をせずにネットワークの分割を行うことができる
  • ルータかL3スイッチもう一個置いてもいいけど面倒だよねって話
  • ネットワーク

general(396)